02 遺産分割調停

遺産分割に関して相続人が協議で定めることを協議分割といいますが、裁判所において、協議を行うのが、遺産分割調停ということができます。

説明書では

遺産分割調停は,遺産分割について,みなさんが話し合って主体的に解決をする手続です。

とされています。

家事事件手続法244条は、
(調停事項等)
第二百四十四条 家庭裁判所は、人事に関する訴訟事件その他家庭に関する事件(別表第一に掲げる事項についての事件を除く。)について調停を行うほか、この編の定めるところにより審判をする。

としています。

そして、この調停で協議が成立しない場合には、
民法907条2項で

遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる。

と定められており、家事事件手続法 別表2の12にも

遺産の分割
十二 遺産の分割 民法第九百七条第二項

と記載されています。