2 遺産の範囲

これは、

原則として,被相続人が亡くなった時点で、所有していて,現在も存在するものが,遺産分割の対象となる遺産であり,その範囲を確定します。

としています。注意書きとして

遺言書や遺産分割協議書で分け方が決まっている財産は,遺産分割の対象になりません。誰かが遺産を隠したり,勝手に使ってしまったという場合には,遺産分割以外の手続きが必要になります。

とされています。