法定相続人は、だれか

法律上、亡くなった人のことを

被相続人(相続をされる人)といい、

被相続人の権利や義務を引き継ぐ人を相続人といいます。民法で、相続人の範囲が決められています。

なかなか、分かりにくいので、チャットボットで相続の相談をされるか、はたまた、以下のように、ハイパーテキスト構造のページで、作っておきましたので、それで確かめてみましょう。

まずは、第一問です。

亡くなった方に、配偶者はいますか

という問題です。

回答として

(Y)はい。います

(N)いいえ。いません

ですね。

ここでのルールは、配偶者は、常に相続人になることが前提に、

第1順位 子・子の代襲相続人などの直系卑属

第2順位 父母などの直系存続

(第1順位の者がいないときに限る)

第3順位 兄弟姉妹・兄弟姉妹の代襲相続人

(代襲相続は、兄弟姉妹の子である甥姪まで)

ということになります。